2016年01月14日

警察から恋人に50の質問 8

45 相手の愛を確かめるには、何をしますか?
 誠志「セックスが手っ取り早いだろうが」
 要 「エロから離れろ!でも、まぁ、オレも、互いの体温を感じるのは、
    いいとは思うぜ。
    挿入とか関係なく、抱き合うだけでも、伝わるものあるだろう?」
 密 「伝わるのか?なら、抱く」
 結人「密ー!!いたい!いたい!!強すぎだー!!」

46 相手になにか不満がありますか?あれば言ってください
 要 「ない!
   でも、もっともっと、オレに甘えてくれたら、うれしいなとは思うかな」
 結人「ええ!?おれ、これ以上、あまやかされたら、だめになります。
    とけます」
 密 「結人は、甘くされると溶けるのか?砂糖なのか?」
 誠志「そろそろ、密の口に、さるぐつわを噛ませて、黙らせてもいいか?」

47 付き合う前、相手の何に惹かれましたか?
 要 「まだ、つきあえてないからなぁ」
 密 「どうなったら、付き合うになるんだ?
    デートして、エッチしたら、付き合ってるになるのか?」
 結人「うーん、告白もいるんじゃないかな?
    あれ?告白、おれがされるの?」
 誠志「それで、告白にオッケーを出したら、日向は4股かけるわけか」
 結人「えええ?!」

48 今って幸せですか?
 結人「しあわせです。
    屋根のある家にすめて、毎日ごはんたべれて、学校にもかよえて、
    みんなにも大事にしてもらってて、
    なくなっちゃうんじゃないかって、心配なくらい、しあわせです」
 誠志「毎日、好きでもない男に、仕事で犯されて、日向は幸せなわけか」
 要 「こぉら!!誠志!!結人の、こんなにも健気な気持ちを、
    台無しにするこというんじゃねぇよ。
    結人、これから、もっともっと、幸せな未来を作ってみせるね」
 密 「結人が大事にされて幸せなら、俺ももっと大事にする。だから、抱く」
 結人「だーかーらー!!密!!いたいってぇ!!力、いれすぎ!!」

49 今いる相手と結婚したいですか?
 結人「男同士だから、結婚できないです」
 誠志「日向が、まっとうな正論で、全員を一気にふったな」
 結人「ええ?!そうなるんですか?!でも、男同士だし」
 要 「法律なんか、いつか、変えてやる。
    だから、結人。オレと、結婚して」
 密 「俺も結人と結婚したい。
    男同士だと、できないのか?俺はしたい。だから、する」

50 事情聴取終了です…やはりあなたたちはウザカップル罪で逮捕します。
  つーか、逮捕されやがれ!
 結人「そんなぁ・・・。おれ、がんばって答えたけど、たいほされるですか・・・?
    おれ、わるい子に、なってしまいました・・・」
 要 「結人は悪くないよ。ってか、そんな罪ねぇし。
    コイツ、ぶっとばしとくか」
 誠志「逮捕されやがれと、他者に託したってことは、
    お前に逮捕する権利がないってことを、自白したな。
    さて、この俺の時間を無駄にしたお前を、どうしてやろうか?」
 要 「密、結人を連れて、先に帰ってね。
    ここからは、結人に見せられないから」
 密 「分かった。結人、帰るぞ」
 結人「え、え、え?いいの?おれ、つかまらないの?」
 要 「さーて、誠志。かるーく運動するぜ。そこの路地裏に、ソイツ連れこめ」
 誠志「楽しい時間の始まりだな」

警察から恋人に50の質問 7

40 相手が可愛いって思った瞬間があれば、教えてください
 結人「かわいいは、えっと、
    要さんは、インスタントラーメンをたべてるとき、
    すっごく、うれしそうな顔をしてます。
    いつもより、おさないような気がします。
    密は、道とかでちいさなものをみつけると、
    すごくよろこんでて、むじゃきな気がします。
    この間は、すごくちいさな、どんぐりをひろってました。
    香守先輩は、その・・・おこられるかな。
    ねおきの顔が、かわいい気がします。
    いつもみたいに、髪がととのってなくて、
    ちょっと、ぼうっとしてます」
 要 「結人は、いつでもかわいいけど、
    オレの服のすそをぎゅってつかんで、
    『おれ・・・もこ太にけられました。もこ太にきらわれたら、かなしいです・・・』
    って、大きなうるうる目でみあげてきた時は、
    思わず強く抱きしめちゃったな」
  密 「結人のご飯をとったら、かわいい。
     むくれて、取り返そうとしてくる。
     カレーを届かない高さにあげたら、
     ピョンピョン飛んでた。かわいい」
  要 「あと、結人の唇が渇いてかわいそうだったから、
     リップ塗ってあげたら、プルプルになって、しっとり濡れて、
     やばいくらいかわいかったなぁ」
  密 「2つ言っていいのか?
     なら、俺ももっと言う」
  誠志「お前たちは気持ち悪いな」
  要 「誠志はないのかよ?」
  誠志「色々と体を可愛がってやって、
     おもしろい状態にはしてやっているな」
  要 「訳すると、
     『その時の結人たんが、超かわいいー』って言ってんだな」
  誠志「ケンカを売っているなら、買うが?」

41 相手がカッコいいと思った瞬間があれば、教えてください
  結人「かっこいいは、
     要さんは、おれを背中に隠して、怖い人に立ち向かってくれるとき、
     かっこいいです。
     密は、大きな手が、うらやましいけど、かっこいいなって思います。
     香守先輩は、おれには、まったくわからないパソコン、
     ものすごい速さで操作してるの、かっこいいです」
  要 「結人は、プルプル震えてるのに、負けないって気持ちで、
     がんばる姿が、かっこいいなって思うな」
  密 「結人は、かっこいいのか?かわいいしか見えない」
  誠志「小学生密と、同じ意見は癪に障るが、
     日向のどこに、かっこいい要素があるんだか。
     要、何でもかんでも、無理やり、日向を肯定しようとするな」

42 愛って何ですか?
 日向「なんだろう・・・。うぅ・・・おれ、まだ、わからないです」
 要 「結人、悲しまないで大丈夫だよ。
    オレたちの愛が分からなくても、結人のお父さんとお母さんが
    結人を好きな気持ちは、分かるよね?それも、愛だよ」
 密 「俺も、愛はよく分からない。
    好きと、愛しているは違うのか?」
 誠志「なら、日向。俺が密の前で、お前に愛を込めたお仕置きを、
    その体に、たっぷりしてやろうか?」
 日向「・・・い、いやです!!」

43 何か思い出があれば語ってください
 結人「毎日が思い出です。
    おれ、この学校にこれて、みんなとすごせる毎日が、
    すごくうれしいです」
 要 「結人が、めっちゃ、うれしいこと言ってくれてる。
    なら、毎日、結人と記念日作ろうね」
 密 「結人との思い出は、俺も好きだ。
    結人と一緒にいる毎日は、楽しい」
 誠志「お前たちは、めでたい思考をしているな。
    俺は、そうだな。まぁ、あの小猿のことは、記憶に深く残ったって意味では、
    思い出と言えるかもな」

44 相手の良いところってありますか?あれば言ってください
 要 「あるに決まってんだろうが!
    結人は、いいところの塊だぜ。24時間あっても、言い尽くせないな」
 密 「結人は、自分のことより、相手のことを思う。
    それがすごいと思った。だから、好きになった」
 結人「・・・えっと、てれます・・・。
    でも、要さんも密も、おれより、もっともっといいところでいっぱいです」
 誠志「なるほどな、日向。つまり、俺にいいところはないから、
    酷いことを体にしてくれと、言っているわけだな?」
 結人「ちがいますー!どうして、そうなるの・・・」

警察から恋人に50の質問 6

33 別れたいって思ったことありますか?
 要 「結人と付き合えたら、もう離さない。
    一生大事にするよ」
 密 「結人と別れたら、一緒にいられないのか?
    それは嫌だ。ずっと一緒だって約束した」
 誠志「まあ、おもしろい存在だな。
    玩具にしてやるから、置いておいてやる」
 結人「おれは、その・・・
    みんなと、いっしょにいたいな。
    おれのこと、必要っていってくれて、うれしいです」

34 …別れちまえよ。
 要 「・・・ぶっ殺す」
 密 「知らない人間の言うことは、知らない。聞かない」
 誠志「俺に指図するつもりか?」
 結人「・・・おれ、いくところないから、別れるのはさみしいです・・・」

35 あ、いえ。こっちの独り言ですので気になさらず
 要 「一度口にした言葉は、消せないって知ってる?」
 密 「独り言なのか。でも、聞こえた。嫌だった」
 誠志「録音しておいたから、後で警視総監に、香守家の名前で送っておく。
    どうなるか、楽しみにしているんだな」
 結人「ひとりごとだったんだぁ・・・。よかったぁ」

36 お互いの家に言ったことありますか?
 結人「おれ、家がないから、寮のへやでいいのかな?
    それならみんな、おれのへやにきたことあります。
    あ、でも、要さんのマンションの10階を家にしてもらったから、
    そこは、要さんしかはいったことないです」
 要 「オレだと、寮とマンションと実家だな。
    結人は全部きてくれたね。
    今度は、別荘で、二人っきりでお泊りしようか?」
 密 「俺も寮しかない。実家は、俺もよく知らない。
    寮の部屋は、一度だけ結人が入った」
 結人「あのとき、密が血だらけで・・・おれ、すごく心配だった」
 密 「俺の部屋、散らかってた。部屋を散らかすと、要に怒られるから内緒だ」
 要 「聞こえてるぞー、密。だって、お前、体裂けるだろ?
    傷口、きれいにしとかないとダメだろ?」
 結人「そうだよ、密。いっしょにそうじするから、がんばろう?」
 密 「結人と一緒ならする」
 誠志「お前らは、相変わらず小学生だな。
    俺の場合は、寮と香守家ビルと実家に部屋があるな」
 結人「香守先輩の家って、どんなかな」
 誠志「気になるなら、今度連れて行ってやる。
    ただし、ベッド直行だ。覚悟しておくんだな」
 結人「・・・・・・・・・・・・・・え?」

37 では、攻めさんは、受けさんから欲しい物ありますか?
 要 「もちろん、結人がほしいな」
 密 「俺も結人がほしい」
 誠志「体目当てか?」
 要 「バーカ。結人の心と愛がほしいんだよ。
    まっ、結人の要さんは、エロも好きだけど」
 密 「俺も結人とするのは好きだ」
 要 「誠志は結人から、なにがほしいんだよ」
 誠志「日向に、体以外あるのか?」
 要 「結人にけっこう癒されてるくせに、素直じゃないねぇ」
 密 「誠志は、俺以上に素直じゃない」
 誠志「小学生と一緒にするな」

38 受けさんは攻めさんから、欲しい物ありますか?
 結人「うーん。とくにないです。
    要さんからはもう、いっぱいもらったし、
    密には、いっしょにいてほしいってお願い、聞いてもらったし、
    香守先輩は、おれの知らないことを、いつもおしえてくれます。
    おれ、じゅうぶんです。
    しあわせです。ほんとです」

39 相手の誕生日などは、ちゃんと祝ってあげてますか?
 要 「結人の誕生日祝いたいのに、作者のヤツが、
    番外編小説を書かないから、祝えてない!」
 密 「結人が祝えない。嫌だ」
 誠志「俺の誕生日も、素通りされたな。どうするつもりなんだか」
 結人「だいじょうぶです。
    おれ、その気持ちだけで、うれしいです」
 要 「結人は、いい子だね。大好きだよ。
    ってことで、テメェら、この場で全力で、結人を祝うぜ☆
    結人、お誕生日おめでとう。
    結人が生まれてきてくれて、オレはうれしいよ。
    来年も、おめでとうって言わせてね」
 密 「俺も、結人が生まれてよかった。結人に会えた。結人はすごい。
    これからも一緒だ」
 誠志「誕生日に、俺はあまり意味を感じないが、
    まあ、ここにいる奴ら全員に影響を与えているからな。
    そのお前が生まれた日なら、意味があると言えなくもないな」
 結人「要さん、密、香守先輩・・・。
    おれ、うれしい・・・です・・・」
 密 「結人が泣いた。俺は酷いことをいったのか?」
 要 「密、違うぜ。結人はうれしいんだよ。
    結人、よろこんでくれてありがとう。
    結人の素直な心が生む涙は、すごくきれいだね」
 誠志「・・・泣き止んだら、何か食べに行くか。
    さて、この警察の質問とやらを、さっさと終わらせるぞ」

警察から恋人に50の質問 5

26 最後に喧嘩したのはいつですか?
 要 「結人とケンカはしないなぁ。
    オレに結人を怒れなんて、死ねっていわれてるようなもんだぜ。
    って、言いたいんだけど、17話で結人を怒鳴って、ごめんね・・・」
 結人「だいじょうぶです。おれ、気にしてないです。
    要さんはもっと、おれをおこってほしいです」
 密 「俺は、9話と10話でケンカした。
    仲直りしたけど、今度結人に嫌われたら、立ち直れない」
 結人「おれ、あの時も、きらってたわけじゃないよ。
    おれこそ、ひどいこといっぱいいって、ごめんね」
 誠志「お前たちはよく、日向と同レベルでケンカができるな」

27 喧嘩した内容は?
 要 「オレがあのクソヤロウに薬を・・・。
    クソッ!見ず知らずのアンタに・・・いいたくねぇよ」
 結人「だいじょうぶです!要さん!
    おれ、けんかって思ってないです。
    要さんは、あのとき、ぐあいが悪かったんです」
 密 「俺は結人のことを、ちゃんと見てなかった。理解もしてなかった。
    泉介をなぐったら、少し理解できた。
    これからも時々、泉介を殴ろうと思う」
 結人「だめだよ、密。泉介がいたいよ。
    あと、おれのごはんをとったら、けんかするからな」
 誠志「日向、この俺に、喧嘩を売ってみろ。
    仕返しを楽しませてもらおう」
 結人「やだー!うう・・・香守先輩がわらってる・・・」

28 くだらない…それじゃあ、最後にデートしたのはいつですか?
 要 「ちょっと前になるかな。
    結人、楽しかったね。また、デートしようね」
 結人「デ、デートははずかしいけど・・・、でも、
    要さんとでかけるのはたのしいです。いきたいです」
 密 「要だけずるい。俺も結人とデートをする。
    デートは、ダブルデートから始めるものだって、泉介に教わった」
 結人「密って、泉介と二人で、いっつもなんの話をしてるの」

29 場所は?
 要 「洋服屋で結人の服を買って、公園のベンチでひなたぼっこして、
    デパートでパフェ食べて、映画見て、
    オレのマンションでエッチしたね」
 結人「え、えっちは・・・その、あの」
 密 「結人の顔が真っ赤だ。かわいく見える。俺もエッチする」
 結人「要さんも、密も、言葉がストレートすぎる・・・。
    えっと、そうだ。要さんが、へびがきらいって、あのときはじめて知りました」
 密 「エッチまでしたら、デートは終わりなのか?」
 結人「ひそかー。だから、言葉を・・・」
 誠志「俺とも、遊園地のホテルでやったな。
    あの時は、日向は自分から腰をふっていたな」
 結人「うう・・・。あのときは・・・。
    それより!」
 誠志「無理やり話題をそらそうとしているな」
 結人「えっと、香守先輩は、ときどき、車にのせてくれます。
    それも、デートかな?」
 誠志「この俺が、お前とデートをすると思っているのか?」
 結人「ご、ごめんなさい!」

30 最後にドキドキしたのはいつですか?
 要 「オレは毎日、結人にドキドキしてるぜ」
 密 「俺も結人に毎日会ってるから、毎日なのか?」
 誠志「鼓動が変わるほど、刺激的なことはないな」
 結人「おれは、きのうです」

31 何故ドキドキしたんですか?
 結人「きのう、パンのみみをパン屋さんに、ただでいっぱいもらったんです。
    うれしくて、どきどきしました。
    でも、それを道におとして、どうしよう!たべれるかなって
    すごくどきどきしました。
    でも、おいしかったです」
 要 「結人・・・、一緒にうまいもん食べに行こうね」
 密 「結人、食べたのか?落ちたの」
 誠志「日向、お前は・・・」
 結人「え?え?おれ、なにかまちがったかな」

32 あ、そう。ちなみにどちらか、浮気したことありますか?
 密 「浮気・・・。しない。結人がいい」
 要 「オレも、浮気なんかするかよ。
    結人、愛してるぜ」
 誠志「要は、肉体的には浮気しているだろうが」
 要 「・・・浮気じゃねぇよ。アイツはいつか、オレがぶっ殺す」
 誠志「殺したら、なかったことになるとでも思っているのか?」
 要 「・・・ああ?!」
 結人「けんかは、だめです。
    おれ、あやまるから、けんかしないでください・・・」
 要 「結人、大丈夫。オレたち、仲良しだぜ」
 誠志「人の脚を蹴りながら言うセリフか?」
 密 「結人、大丈夫だ。いつもの二人だ」
 結人「そっか。
    あれ、でも、ひとりとだけしてないおれも、
    浮気してることになるのかな・・・」
 要 「結人は浮気じゃないよ。みんなに、愛されてるだけだぜ。
    ということで、誰も浮気はしてないってことで」

警察から恋人に50の質問 4

21 キスはしましたか?
 要 「したぜ。結人のかわいい唇とね」
 密 「俺もした。あ・・・キスした後、結人を突き飛ばした」
 要 「密、ごめんなさいは?」
 密 「結人、悪かった。どうしてか、あの時、突き飛ばした」
 結人「いいよ、密。だいじょうぶ。あの時、おれ、密に元気をもらったもん」
 誠志「密、お前は全てが小学生レベルだな。
    俺とは、そうだな。
    日向、俺とどんなキスをしたか、この場で話してみるか?」
 結人「や、やだ!はずかしいです」

22 キスってレモンの味がするんですかね?
 密 「コーヒー味だった。ブラック無糖だ」
 要 「結人の唇は、甘い甘-いお砂糖みたいな味だぜ。
    で、感触は、マシュマロみたいなんだよな。
    そして、後味は、また食べたくなる甘酸っぱいイチゴ味」
 誠志「聞いているだけで、胸焼けしそうだな。
    日向、俺とする前は、甘いものを食うなよ」
 結人「あれ、でも、香守先輩にケーキを
    かってもらってからしたときが、あったような・・・」
 誠志「あのイチゴは、甘すぎて吐きそうだったな」
 結人「すみません・・・。おれ、もう、キスの前には、
    あまいものたべません。気をつけます」
 要 「いいんだぜ、結人。好きな物食べて。
    むしろ、激甘なもの食って、誠志を倒しちゃえ」

23 あぁ、そうですか。ちなみに、どこまでいきましたか?
 結人「えっと、要さんとは、公園とお店とデパートいきました。
    密とは、学校にいっしょにいきます。
    香守先輩とは、ゆうえんちいきました」
 誠志「ベタなボケをするな、日向」
 結人「お、おれ、なにか悪いことしましたか?!
    わるい子になりましたか?」
 要 「結人は、なーんにも、悪くないよ。
    さっきから、誠志のヤツ、小っちゃいことにグチグチうるさいね」
 密 「グチグチ虫だ」
 結人「ぐちぐちむし?」
 密 「要が、子供の頃、読んでくれた絵本だ。
    グチグチ虫は、スプレーをかけられてこらしめられる」
 結人「そっかぁ。密と要さんは、やっぱり、なかよしだね」
 誠志「ほお。日向は俺に、スプレーをかける勇気があるわけか」
 結人「お、おれ、なにもいってないです」

24 ヤッちゃいましたか?
 要 「イエス!」
 密 「した」
 誠志「まあ、全員仕事でしたな」
 要 「仕事だろうと浄化だろうと、幸せな時間には変わりないさ」
 密 「楽しい」
 誠志「密、それが楽しい顔か?」
 要 「何言ってんだよ。密、こんなにうれしそうな顔してんじゃんか」
 結人「・・・みんな、どうしてそんなに、はっきりいえるんだろう・・・。
    はずかしいおれが、へんなのかな?」

25 へー。あ、お互い今まで、付き合った人の数を教えてください
 結人「う・・・」
 密 「結人が困った顔をしている。どうしたんだ」
 結人「だって、おれ・・・」
 要 「結人。過去は思い出さなくていいんだよ。
    結人が、本当に好きになって、付き合ったって思った人だけを
    数えたらいいんだよ」
結人「・・・よかったぁ。それなら、いないです」
密 「何の話だ?」
誠志「密、気にするな。
   さて、その理屈なら、要は何人になるんだろうな?
   ずいぶんと、浅い付き合いを繰り返していた気がするが?」
要 「ウッセェな。テメェこそ、『ゆき』とはどうなってんだよ?」
結人「??
   ねぇ、密。要さんと香守先輩は、なんの話をしているのかな?」
密 「さあ、知らない。でも、二人だけで仲良しな気がして、嫌だ。
   俺も結人と二人だけの話をする」
結人「どんな話?」
密 「結人が好きな食べものの話」
結人「わかった。でも、けいさつさんの質問にこたえなくていいのかな?」
密 「俺は誰とも付き合ったことがない。結人が初恋だ」

警察から恋人に50の質問 3

14 それで、受け側さんは攻め側さんの性格を教えてください
 結人「えっと、要さんは、すごくやさしいです。
    いつも、なでてくれたり、ほめてくれたり、
    ごはん、つくってくれます。
    密は、うーん、まっすぐで、マイペースです。
    人見知りだから、最初はすなおじゃないけど、
    なかよくなったら、話すことに裏がないから、うれしいです。
    香守先輩は、えっと・・・その・・・ちょっと、こわいです。
    でも、ときどき、やさしくて、不思議です。
    あと、意外とめんどうみがいい気がします。
    いろいろおしえてくれます」

15 へー、そうなんですか。んじゃあ、二人の出会いは?
 結人「学校でいいのかな?」
 密 「結人とは、学校の駐車場で会った。
    理事長の車の中に、結人がいた」
 結人「そ・・・そういえば、理事長にキス・・・というか
    緑の石を口にいれられたところ、密に見られたんだった・・・」
 要 「・・・今すぐ理事長ぶっ殺してくるから、待っててね」
 誠志「俺は、要に生徒会室で紹介されたな」
 要 「オレは、理事長室だな。
    (本当はちがうけど、結人が覚えてないから、まだ内緒)」

16 告白は誰から?
 要 「誰からっていっても、結人は、誰にも告白してないもんな」
 密 「どうして、結人は告白しないんだ?」
 誠志「誰も恋愛対象じゃないからだろうが」
 結人「その・・・ごめんなさいです」
 誠志「この流れでその謝罪は、告白を断っているようにとられるぞ」
 結人「えええ?!ごめんなさい・・・じゃなくて、あの、ごめんなさい・・・
    でもなくて、あの、その、ごめ・・・・おれはどうしたらいいのー」
 要 「誠志、結人で遊ぶんじゃねぇよ。
    ゆーいと、こっちが勝手に好きになってるだけだから、
    答えを急がなくていいんだよ」
 密 「俺は結人が好きだ。要も結人が好きだ。誠志は知らない。
    でも、みんな待つと思う」

17 じゃあ、告白の言葉を、今ここで言ってください。言わないと逮捕します
 要 「何罪だよ。オレは、何回も好きって言ってるからなぁ。
    『辛いだろうに、いっつも健気に笑顔作ろうとしてて。・・・可愛いよ』
    が最初だな。で、『好き』って言ったな。
    けど、まだまだ言いたい。どんどん好きになるから、その度に言いたい」
 密 「俺は『好きだ』って言った。『たぶん』をつけた」
 誠志「なんだ、その返答に困りそうな告白は」
 要 「ハッキリと男らしいような、ハッキリしてないようなだな」
 密 「誠志は言わないのか?」
 誠志「どうして、俺が日向に告白するんだ」
 密 「結人にさせるのか?」
 誠志「さあな」

18 しょぼいですね。受け側さんはこの告白に、OKしたんですか?
 密 「しょぼいって言われた。しょぼいのか?」
 要 「おまわりさん、オレにケンカ売ってんの?売ってるなら買うぜ?」
 誠志「またか。要が警察組織を殴る前に、日向、さっさと答えろ」
 日向「はい!おれ、まだ、ちゃんと返事をしてないです。
    ごめんなさいです・・・」
 誠志「日向が、告白を断っているな」
 日向「・・・え?ち、ちがいます!ごめんなさいだけどごめんなさいじゃなくて、その・・・」
 要 「誠志、だから、結人で遊ぶんじゃねぇよ。
    警察の前に、お前を殴ってやろうか?」

19 変なカップルですね。周りからそう言われませんか?
 要 「オレと結人がカップルに見えるなら、
    出世するぜ、アンタ」
 密 「どうして、出世するんだ?」
 要 「見る目があるってこと☆」
 誠志「要は周りから、日向の父親と思われているだろうが」
 密 「要は父親なのか?」
 要 「結人が望むなら、父親にでもなんでもなるけど、
    オレが一歳の時の子供って考えると、ちょっとショックだな」
 結人「あ、あれ・・・?
    ど、どうして、おれが要さんをお父さんみたいって思ってるの
    ばれてるの?」
 誠志「お前は、バレていないと思っていたのか」

20 というか、公認の仲ですか?
 要 「要×結人は、見たいカップリング1位だぜ☆」
 密 「俺は・・・3位だ。なんか嫌だ。誠志に負けた」
 誠志「俺は2位らしいな。
    いつの間にか、随分と票が入ったな」
 結人「えっと、おれは・・・???
    なん位だろう???」
 誠志「日向、お前の話だと分かっているのか?」
 結人「?」
 誠志「結人×結人はないだろうが」
 密 「結人が二人いたらうれしい」
 要 「結人が何人だろうと、全員、愛して養うよ」

警察から恋人に50の質問 2

8 付き合ってから、どのくらい経つ?
 結人「あの・・・、つきあってないです・・・」
 密 「結人は、付き合いたくないのか?」
 結人「おれ、よくわからない・・・。つきあうって、今とちがうのかな」
 密 「泉介が、付き合ったらデートをするといっていた。
    ずっと、一緒だ」
 結人「今も、いつもいっしょにいるよ?」
 要 「オレは、付き合いたいな。結人と付き合えるなら、死んでもいい。
    結人を独占できたら、オレ、やばいくらい、デレデレになりそう」
 誠志「もうすでに、九条家当主として失格なくらいなっているだろうが」
 密 「誠志は、結人と付き合いたくないのか?」
 誠志「日向に、四六時中、俺の相手をできるのか?」
 結人「え・・・えと・・・」
 誠志「その頭と体で、俺を満足させられるのかと聞いているが?」
 結人「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むり・・・・・です・・・・・・」
 要 「結人、いいんだよ。誠志は、今のままの結人がいいって言ってんだよ。
    素直じゃないねぇ」

9 どっちが攻めですか?
 要 「オレと密と誠志だな」
 誠志「要は、受けになったんじゃなかったのか?」
 要 「誰が受けだ!結人には、バリバリの攻めだ」
 密 「?」
 要 「密、いい子は知らなくていいことだからな。
    密はいい子だから、質問しないよな?」
 密 「分からないけど、分かった。しない」

10 じゃあ、受けはあなたですか?
 結人「いちおう・・・」
 密 「結人はどうして、嫌そうなんだ?」
 結人「だって、男なのに、はずかしいよ。
    おしりに、挿れられるとか・・・」
 密 「結人の性別は結人だ。問題ない」
 要 「結人の童貞を守る部って、作ったほうがいいかな」
 誠志「意味がないだろう。どうせ、日向に、誰かに突っ込む勇気はない」

11 …逆でも良いじゃん
 要 「絶対ダメ!」
 密 「嫌だ」
 誠志「ありえないな」
 結人「みんなに、同時に否定された・・・。
    おれ・・・一生、童貞なのかな・・・」

12 はいはい。じゃあ、次の質問。実際に主導権を握っているのは誰?
 誠志「セックスで、日向に主導権はないな」
 要 「おいこら。お前の脳みそは、エロ直結か」
 結人「うーん」
 密 「どうしたんだ?結人」
 結人「おれ、要さんと香守先輩には、ひっぱってもらってる気がするけど・・・」
 要 「遠慮せずにいっていいんだよ。
    誠志のバカアホ鬼畜とか」
 結人「い、いえません!!
    あの、ときどき、おれが、密をひっぱってる気がするかなって」
 誠志「甘ったれより、日向のほうがまだ、しっかりしているということか」
 要 「デッカイ犬っころを、散歩させてる感じかな」
 密 「・・・・・・・・・・・・・・わん」
 結人「密、なにかいった?」
 密 「言ってない」

13 へー。じゃあ、攻め側さんは、受け側さんの性格を教えてください
 要 「よっしゃー!一番手は、オレから行くぜ!
    結人は、素直でかわいくて気を使えて優しいいい子だな」
 密 「要、ずるい。俺も言う」
 誠志「天然だな」
 密 「誠志にもとられた・・・」
 要 「密、大丈夫だって。
    結人のいいところは、山ほどあるんだから、安心しなって」
 密 「分かった。他のところを言う。
    結人は・・・小さい」
 誠志「それは、性格じゃないだろうが」
 結人「なんだよ、密。おれはちいさくないー」

警察から恋人に50の質問 1

読者様から、警察から恋人に50の質問という
お題を頂きましたので、答えてみました♪( ̄▽ ̄)ノ"

誰と誰のカップリングでとの希望がなかったので、
学生たち4人(結人、要、密、誠志)で、
音声のみトークという形で、答えてます☆

それでは、いってみましょう!!


『警察から恋人に50の質問』

1 あーちょっとちょっと、そこのカップルっぽいあなた達止まりなさい
 結人「え?」
 密 「結人をナンパする気か?」
 要 「密、いきなり、誰でも敵視すんなって」
 誠志「4人の男がいて、カップル判断するとはな」

2 私はこーゆう者です(警察手帳を出す)
 結人「ええええ!お、おれ、わるいことしてないです」
 密 「要、これ、偽物か?手帳・・・」
 誠志「お前はなんでも、要に聞くな」
 要 「オレも、悪いことはバレてないぜ?」

3 あなた達を、ウザカップル罪という罪で、逮捕します
 誠志「当たり屋か。行くぞ」
 結人「だめです、香守先輩。警察のおまわりさんむししたら、つかまります、きっと!」
 密 「結人、警察とおまわりさんは、別なのか?」
 要 「誰もウザカップル罪に突っ込まないマイペースさが、オレたちらしいよな」

4 嫌ですか?では、ちょっと、事情聴取をしますので、ご協力を
 結人「えっと、じょうじ・・・ちょう・・・ちょ・・・?」
 誠志「お前の、セックス事情を話せと言われてるんだ。
    どうする?日向。事細かく細部まで、何されてるか話すか?」
 要 「くぉら、誠志。結人をいっつもいっつも、騙して遊ぶんじゃねぇよ」
 密 「警察は、おまわりさん?おまわりさんは、犬だ。こいつは、犬なのか?」
 要 「密―、もう、次の質問に移ってるぞー。ついてこーい」

5 まず、二人の年齢は
 結人「15才です。あ、でも、誕生日11月だから、16にな・・・・った?
    あれ?本編だと、まだ、なつ????
    おれ、秋うまれです。でも、今は、なつ????
    おれ・・・何才・・・・?
    要さん、どうしよう!
    おれ、質問されてるのに、答えられないです・・・」
 要 「ゆーいと。気にしなくていいんだよ。
    大人の事情ってか、作者が遅筆なだけなんだからさ。
    オレも番外編で18になってたけど、春生まれのオレは、今は17みたいだぜ」
 密 「俺も春だ。15。俺は結人の年下になったのか?
    どうして、春より秋のほうが年上なんだ?」
 誠志「リアルと二次元が混在しているな。
    なら、俺は本編なら18だが、リアルでは19だな」
 結人「え?えっと・・・すごいです!香守先輩、おとなだ」
 要 「やーい、やーい。誠志って、おっさん。年齢詐称して高校の制服きてんなよー」
 誠志「読者から、老けていると言われているお前には、言われたくないな」

6 …っち。じゃあ、二人の性別は?
 結人「がん!!警察の人に、舌うちされました・・・。
    どうしよう・・・。おれ、つかまるんだ・・・」
 要 「結人、大丈夫だぜ。
    オレがいる限り、つかまったりしないから。
    結人が何をしても、ぜーんぶ、握りつぶしてあげるね。
    あ、ちなみに、オレたち、全員男だぜ」
 誠志「女に間違われるチビと、母親そっくりの顔した男がいるがな」
 密 「結人は、男じゃない」
 結人「がん!!な、なんだよ、密!おれだって、男だよ。・・・つ、ついてる!!」
 密 「知ってる。結人についてる。触ったことある。白いのが出てきた」
 結人「ばかー!人前でいったらだめだよ。は、はずかしいだろー」
 密 「結人の性別は、結人だ。だから、俺は結人が好きだ」

7 まぁ、どーでもいいんだけどね
 要 「へぇ・・・。結人に対して、どーでもいいって、何だよ、ソレ?
    結人をオレの前で軽んじるとか、いい度胸だな。
    オレの愛刀のサビにしてやろうか?」
 密 「要がキレた。デレキレ要だ」
 誠志「警察の目の前で、堂々と銃刀法違反か?」
 要 「大丈夫☆警察とか怖くねぇし、
    結人は、飛んできたチョウチョを見て、あっち向いてるし、
    オールオッケー!問題なし!」

結人への30の質問 4

25 お酒呑めます?煙草は?
 お酒もたばこも、好きじゃないです。
 やなこと、思いだします・・・。
 そういえば、要さんの実家にいったとき、香守先輩にのまされて、
 要さんをおそったことがあった・・・。
 要さん、おこってないかな・・・。

26 ギャンブルはしますか?
 えっと、密と泉介と、だれがいちばん速くパンを食べれるかを
 競争しました。
 口の中、ぱんぱんになったけど、おれが勝ちました。
 密と泉介になら、負けないです!

27 ファッションにこだわりってありますか?
 100円ショップの服が、すきです。
 あと、スーパーでも買います。
 ゆったりとした、やわらかい生地が、すきです。
 大きいサイズのをきたら、どうしてかいつも、密が無言でだきしめてきます。
 要さんがかってくれる服は・・・高くて、よごさないか、どきどきします。
 ・・・おれが気にいってる服のときばかり、香守先輩にやぶられる気がするなぁ・・・。

28 気にしていることありますか?
 よく、おれ、はこばれるんです。
 要さんにだっこされたり、密におんぶされたり、香守先輩に肩にかつがれたり。
 ひょいって・・・。
 小さいってことかな・・・。
 おれも、みんなを、はこんでみたいです。
 おれだって、男だから、お姫様抱っこくらいできるようになるです。

29 幽霊とか信じるタイプ?
 こわいです!
 うしろとかに立ってたら、泣くかもです。
 でも・・・お父さんとお母さんにあえるなら、いてほしいかもです・・・。
 お父さんとお母さんのゆうれいなら、こわくないです。

30 最後に弱点をこっそり教えてください
 こっそりですよ!ないしょですよ!
 おれ、実は・・・くすぐったがりなんです・・・。
 とくに、脇腹とか、もうもう、たいへんです!!
 でも、耳も、脇も、足裏も、くすぐったいです。
 だから、えっちのとき、さわられると、くすぐったくて、
 体がびくってなるんです。
 あれ?でも、あの時のびくっは、なんかゾクっていうか、ひゃっていうか、
 へんな感じもします。
 うーんと、ふにゃふにゃにされるっていったら、伝わりますか?
 足の指のさきまで、電気がびゅって走る感じです。
 体中が、ぶわって熱くなるなって、ぼわってほてる感じです。
 へんな声がでそうになるみたいな・・・。
 ・・・うう、日本語、むずかしいです。
posted by ちぃ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 結人への30の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結人への30の質問 3

15 家事はしますか?
 はい。ごはんつくれます。
 おっきななべに、いっぱいいれて、ぐるぐるするのが好きです。
 (↑結人は、肉は塊のまま、野菜は皮をむかずに、デカ鍋で煮ます。
  おにぎりに、チョコレートをいれたことも)

16 職業は何を?
 学生です。
 あと、器です。

17 それはどんなお仕事?
 学生は、勉強したりします。
 あ、生徒会にもはいってます。
 器は、その、あの、要さんとか密とか香守先輩と、その・・・い、いろいろします。

18 趣味はなんですか?
 なんだろう?
 ねこさんの数をかぞえてると、たのしいです。
 でも、ねこさんたち、動きまわるから、最後までかぞえられたことないです。

19 何か特技はありますか?
 いりこを、ながい時間あじわえます。
 口の中で、ずっと、コロコロしたり、ぺろぺろするんです。
 おいしいです。

20 好き嫌いします?
 なんでも、たべれます。
 たべるのは、すきです。
 りんごのかわも、パンの耳もおいしいです。
 賞味期限きれたパンも、おいしいです。
 おなか、すっごくじょうぶです。

21 好きな異性のタイプは?
 いせい??
 ちがう世界ですか?テレビのヒーローが、いせかいっていうところに、
 この間いってました。
 え?女の人のこと?
 ええ?!すきな女の人ですか?!
 その・・・あの・・・おれは・・・、
 おれのお母さんみたいな、やさしくてあったかい人がいいな。
 お母さん、いつも、にこにこしてて、手をつないでくれて、すごくきれいでした。
 お父さんとも、すごく仲良しでした。

22 過去の女性(男性)遍歴なんかを、お聞きしても?
 えええ?!
 えっと、つ、つきあった人はいないけど、でも・・・したことある人は
 いっぱいいるから、それのことかな。
 うー、それ、答えないとだめですか・・・?
 いやな人・・・いっぱいいました・・・。

23 口癖は?
 あのとか、そのとか、ええ?!とか、よくいってる気がします。
 あとは、ごはんとか、要さんとか、密とかも、いつもいいます。
(↑ごはんと、要と密が同列の模様)

24 座右の銘や信条にしていることがあれば、教えてください
 また・・・知らない言葉だ・・・。
 どうしよう。おれが、ばかだ。
 え?こうしたいって思う言葉ですか?
 じゃあ、『エッチは、一日一回までがいいです』
 何回もは、へとへとになります。
 ええ!?意味がちがうですか!?
posted by ちぃ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 結人への30の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結人への30の質問 2

8 肉体労働派?頭脳派?
 運動は、にがてです。
 走るのおそいし、泳げないし、かくれんぼはいつも、要さんに見つかるしなぁ。
 でも、頭もよくないし。
 セ、セック・・・あの、あ、浄化は運動ですか?

9 運動神経は良い方?
 泉介とサッカーしたら、顔にボールがあたります・・・。
 どうしてかな。

10 得意なスポーツはありますか?
 ころがれます。
 マット運動ならできそうだなって、香守先輩にいわれました。
 マットの運動?
 マットの上で、なにかするんですか?
 え?マットにおれが寝転んで、二人以上ですることですか???
 なんだろう・・・。

11 得意な科目ってあります?(ありました?)
 いつも、赤点です・・・。
 でも、保健体育の実技なら、いつもしているだろうって、香守先輩にいわれました。
 意味が分からないなら、部屋にこいってです。

12 出身地は何処ですか?
 それなら、自信もって答えられます!
 日本です!

13 それは、今住んでいるのと同じところ?
 ちがいます。
 日本だけど、ちがうです。
 いろんなところ、ひっこしして、今は、明徳学園の寮にすんでます。
 あと、要さんのマンションにも。
 やっと・・・居場所ができました。

14 家族構成は?
 お父さんとお母さん・・・大好きでした。
 今も、すきです。
 もう・・・あえないけど・・・。
 でも、今は、みんながいてくれます。
 要さんがお父さんでお兄さん。
 要さんがお父さんだから、香守先輩がお母さん?
 おれがお兄ちゃんで、2月と3月うまれの泉介と密が、弟です。
 たのしいです。
 それと・・・うれしいです!
posted by ちぃ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 結人への30の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結人への30の質問 1

読者様から、結人に答えてほしい質問を
30個頂きましたので、結人君に頑張って答えてもらいましょう゚+.(◕ ω◕ )゚+.

※質問と答えが、ちぐはぐなのは、結人だからですwww

では、結人君、ちゃんと、答えてねー☆

『結人への30の質問』

1 あなたのお名前をどうぞ
 日向結人です。
 よろしくお願いしますです。
 えっと、読みかたは、ひゅうがゆうとじゃないです。
 けつひとでも、ないです。
 おしりの人じゃないです!
 えっと・・・その、おしり使われるけど・・・おしりの人じゃないです!!
 ひなたゆいとって、よみます。
 漢字ってむずかしいな。
 とくに、人の名前は、むずかしいです。
 
2 愛称とかあります?
 みんなからは、
 結人、ゆいと、ゆーいと、日向、おチビ、日向結人、日向君、結人君、器、器君かな。
 読者のみんなからは、
 結人、結人君、ゆいゆい、ゆいくん、結ちゃんです。

3 女ですか?男ですか?
 男です。
 女の子じゃないです!
 ちゃんと、つ、つ、ついてます!
 まちがわれるのは、なんでだろう?

4 年齢・誕生日・血液型は?
 15才です。
 誕生日は、9月30日です。
 えへへ、聞いて下さい!
 密と泉介は、おれより誕生日が後だから、おれ、ふたりより年上になるんです!
 二人の、お兄ちゃんです!
 血液型は、たぶんA型です。

5 身長・体重を差し支えなければ教えてください
 し、身長は・・・ぼそぼそぼそ・・・です。
 え?いわないと、だめですか・・・?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・149です・・・・。
 もうちょっとで、150です!
 これから、おっきくなるんです!
 ぜったい、190センチくらいになってみせます!
 ・・・最初の設定だと、162だったのに・・・ちぢんだ・・・。
 ※読者様のイメージにあわせて、縮めましたwww

6 外見を簡単に説明してください
 そとみ?
 目玉焼きですか?きみとしろみ・・・。
 え?見た目のこと?・・・えええ!
 えっと、ふつうです。
 ふつうの、高校生の男子です。
 ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、小さいだけです!
要 「ちがうよ、結人。結人はかわいいだよ。それも超かわいい☆」
密 「結人は小さい」
誠志「幼いな。どんな構造で、そんなにデカイ目になったんだか」
泉介「女子みたいやな。女装したら、きっと似合うで」
結人「なんだよ、泉介―!おれ、ふつうなのに。ふつうの男子だよ」
大 「結人は、俺の天使さ!マイエンジェル!俺には、君の背中に純白の羽が見えるよ!」
結人「密ー!おれだって、すぐに密くらいに、おおきくなるんだから!」
大 「あれ?ゆ、結人?俺のセリフだけ、聞いてない?」

7 利き腕はどちらですか?
 おはしは、右手でもちます。
 フォークも、右手で、ぎゅって棒のところにぎってたら、香守先輩におこられました・・・。
 ナイフも、右手で、お肉にぶすってつきさします。
 おにぎりは、両手に、一個ずつもちます。
 パンは、両手でもちます。
 だから、右利きかな?
posted by ちぃ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 結人への30の質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする