2015年12月20日

ほのぼの夏の旅行 1

読者様から、リクエストいただきました(^▽^*)♪
ほのぼのとした、旅行小説を読んでみたいとのことです。
ということで、夏の旅行編です\(⌒▽⌒)/


『ほのぼの夏の旅行』


 要が、かんかんと照りつける太陽を指さし、結人たちを見た。
「今の季節は?!」
「夏ー!」
 結人や泉介や、無表情ながら密まで、楽しそうに声を上げた。
「そう!!そして、夏と言えば?」
「海ー!」
「そう!!ということで、やってきました、九条家プライベートビーチ!!」
「わー!!パチパチパチ!!」
 
 そう、ここは、九条家が所有するプライベートビーチだった。
 結人がもじもじと、
「あの・・・おれ・・・人工島のじゃない海を、見てみたいです」
と言ったから、要が、即、叶えた。
 それだけのことなのだ。
 この、高級リゾート地の、真っ青な海を独占したのは。
 要の結人への愛に、ケチるお金など、一銭もなかった。


「海、すっごくあおいね、泉介!」
「青いでー!」
 広い海を前にすると、なんでか、大声で叫びたくなるのが、人のさがというもの。
 ということで、結人と泉介が、波打ち際で、はしゃいでいた。
「青い・・・」
 広い海を前にしても、マイペースに叫ばないのが、密。
 でも、三人とも、楽しそうだった。
 そんな中、どこまでも続く青い海に感動していた泉介が、ふいに思いついたように、結人に声をかけた。
「結人、泳げへんよな?海きて、なにするんや?」
「泉介ぇ、バカにするなぁ!・・・むー、いいよ。おれ、砂のお城作るから」
「せやな。結人にはお砂遊びがお似合いや。結人が波に向かって、バタフライとかしだしたら、おかしすぎやで」
 結人の体育の授業のだめっぷりを思い出し、泉介がからかうように、楽しそうにしていた結人の頬をつついた。
 とたん、ぷぅっとむくれた結人だが、じゃれつくように、泉介に反撃しだした。
「泉介!ちょっとだけ、おれより運動できるからって、ばかにするなぁ!」
「なーにいってんや、ちょっとやあらへんで」
「結人は、浮き輪が似あう。だから、大丈夫だ。かわいい。小さい子用だ」
「密まだ、ばかにするなぁ!おれ、おとな用がいい」
 結人、泉介、密たちから、楽しげな声が上がる。
 さっそく靴を脱ぎ捨てて、白い砂浜の熱をじかに感じながら、きゃっきゃきゃっきゃとはしゃぎだした結人たち1年生トリオを見る要の瞳は、穏やかだった。
 まるで、我が子を見つめる保護者(父親)のように、穏やかだった。
 それと反比例するかのように、誠志は暑さから逃れるようにシャツのボタンをはずしながら、鋭く冷ややかな視線を向けてきた。
「・・・夏か。夏と言えば、本編では、日向がアイツに×××されて、おまけに○○○までされて、日向も要も再起不能になっている時じゃなかったか?」
「本編とかいうなー!!幸せならそれでいいんだよ!!この世界(番外編)には、あんなことは起きてない!!」
 メガネの奥の切れ長な瞳で射抜いてくる誠志の背中を、要はげしげし蹴った。
 そして、
「そ・れ・に♪」
と、続けた。
「結人のかわいい水着姿がおがめる機会、逃せるか!!」
「日向の裸なら、見慣れているだろうが」
「わかってないなぁ、誠志。水着と裸は別物♪夏の健康的な日差しの下、青い海と、かわいく爽やかな結人の水着姿と、満面の笑顔。萌えるだろうが」
「要、気持ち悪いな」
「健康的な萌えは正義だ。テメェの卑猥思考回路に、刻んどけ!!ということで、ゆーいと。水着は持ってきたかな?」
「はい♪要さんがいったように、ちゃんと、学校指定の水着、もってきました」
 楽しそうに邪気のない笑顔で答える結人の頭を、要は「えらいえらい♪」と、撫でてあげた。
 そんな二人を見ていた密が、ボソッと無表情につぶやいた。
「・・・要が変態だ・・・」
「なんで変態なんだよ?!」
「・・・要、昔、いってた。スクール水着にハァハァする奴は、変態だって」
「は?!オレ、そんなこと教えたか?ってか、ハァハァしてねぇよ」
 密は少し考え込むように黙ったが、突然、結人の手をつかんで、すたすた歩きだした。
「・・・忘れた。それより、俺も結人の水着姿みたい。・・・いくぞ、結人」
「え?え?え?」
 意味がわからず、密と要の顔をきょろきょろと交互に見ていた結人は、密に引きずられるままに、更衣室に連れて行かれた。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431454070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック