2015年12月23日

誠志のうっかりミス&ぼんやり&意外な一面 1

読者様から、リクエストを頂きました\(⌒▽⌒)/
ありがとうございます☆

いつも、冷静で完璧で、隙がない誠志が、
うっかりミスしたり、ぼんやりしたり、意外な一面があったりしたら、
見たいですとのことだったので、書いてみました♪( ̄▽ ̄)ノ"



『誠志のうっかりミス&ぼんやり&意外な一面』


 香守誠志が、学校内でタバコを吸っていても、誰も注意しない。
 いや、できない。
 あの香守家だし、あの生徒会鬼畜副会長だし、あの誠志だし。
 誠志が歩けば、そのおどろおどろしいドSオーラの効果範囲内から逃げるように、学生たちも教師も道を開ける。
 なので、今日も今日とて、誠志は堂々とタバコをふかしながら、学校内を歩いていた。
 そしたら、見つけた。
 芝生で、一人でぐっすりと寝ている、結人を。
 しかも、どこから湧いて出たのか、大量の猫たちに囲まれて、幸せそうに寝ている。
「おい、日向。密(ボディーガード)はどうした?」
「・・・すぴー・・・」
 結人は、無邪気な顔して、寝息をたてている。
 寝言なのか、寝ながら猫たちと会話しているのか、ときどき、にゃーにゃー言っている。
 ぐっすり寝こけているようだ。
 しかも、制服の中にもぐりこんだ猫たちのせいで、きれいな肌を、あちこちあらわにされて。
 無防備すぎる寝姿だ。
 周りを見回しても、密の姿はなかった。
「・・・そして、お前らは、一斉威嚇か・・・」
 結人を取り囲む全ての猫が、毛を逆立てて、誠志を威嚇していた。
 結人は、自分たちの物だとでもいいたげなのか。
 誠志は煙草の煙を静かに吐くと、メガネの奥の眼光を、鋭く光らせた。
「この俺に、その態度はなんだ?」
 誠志VS猫。
 その対決は、一瞬だった。
「ニャ?!!」
 ぴゅー!!猫たちは、一斉に逃げ出した。
 誠志のただならぬオーラの、勝ち。
 さて、
「日向、帰るぞ」
「・・・むにゃむにゃ・・・にゃー・・・」
 呼びかけても、結人は、まったく起きない。
「まったく・・・」
 誠志は、煙草の煙とともに、深い深いため息をつくと、絶賛、幸せな夢の中の結人の横に座った。
「このままにしていくと、要がうるさいかなら」
 学校内とはいえ、結人を一人にすれば、襲われかねなかった。
 同じ男子学生たちや、教師もそうだが、その他のあらゆる男たちに、いつでも狙われているのが結人だ。
 そのためボディーガード密なのだが、迷子なのか、密はいなかった。
 迷子になったのは、密なのか、結人なのか。
 それか、あのマイペースすぎる密は、いまだに居なくなった結人に気付かず歩いている可能性すらある。
「あのガキは、あいかわらず使えないな・・・」
 密に苛立ちながらも、誠志は仕方なく、起きない結人のそばにいてやった。
 そっと、結人の幸せそうな睡眠のじゃまになりそうなタバコを、地面で消してやりながら。
 だが・・・、
「・・・がぶ!」
「っ?!」
 誠志の手首に、突然、強烈な痛みを感じが走った。
 結人が寝ぼけたまま、顔のすぐ横にあった誠志の手首にかみついていた。
 そのまま、あむあむしている。
 容赦ない結人のかみつきに、誠志の手首が悲鳴をあげ、制服が結人のよだれでべとべとになっていく。
 どうやら、何かを食べている夢を見ているようだ。
 結人は、それはもう、とっても幸せそうな顔をして笑っている。
 それを見つめる誠志の顔に、怒りが差し込んだ。
(・・・日向、後でこの礼は、たっぷりしてもらうからな)
 あんなことや、そんなことや、いえないほどのことを、結人が泣くまで、たっぷりと。
 怒りのままに、そんなエロなお仕置きを考えながら、それでも、誠志は結人を起こさなかった。
 それは、誠志なりの、結人に見せない隠れた優しさだろうか。
 誠志は、結人の寝顔を見つめた後、ぼんやりと空を眺めた。
 結人は、ずっと、誠志の手首を楽しそうに噛んでいる。


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック