2015年12月27日

ホワイトデー企画(誠志×結人) 1

 たったったと、軽快な足音を残しながら、結人は生徒会室まで走ってきた。
「かなめさーん」
 早く会いたくて、結人は、ガラッと勢いよく扉を開けた。
 でも、生徒会室に、要はいなかった。
 要はよくいなくなるので、いざ探すとなると、意外に会えない。
「んーと?要さん?かーなーめーさーん」
 結人は、生徒会室の机の下にもぐったり、机の引き出しを開けたり、ロッカー開けたりと、きょろきょろと要を探していたら、さすがに、誠志が呆れたように声をかけてきた。
「何をしている、日向。要に会いに来たのか?」
「はい!要さん、どこにいるんですか?」
「要なら、逃げた」
「え?逃げ・・・えっと・・・。まさか・・・お、おれからですか?」
 結人が、ガンとショックを受けて、瞳をうるうるさせていたら、誠志が自分の携帯に、あるメールを表示させた状態で、結人に見せてきた。
 誠志の妹の、沙希からのメールだった。
『お兄様!聞いてくださいな。あの蛇女朝霧京華ってば、バレンタインに要様に、生蛇のチョコレートかけを送って、嫌がらせしていたのに、今度はホワイトデーに、蛇の燻製を要様に送る気なんですのよ。私、香守家の長女として、負けませんわ!特製媚薬入りマシュマロ香守家の香りつきで、今度こそ要様のかわいいアソコを、トロットロのビンビンのガチガチにして、おいしく頂きますすわ❤』
「あー・・・」
 結人から、なんといっていいか分からない言葉が出てしまう。
 相変わらずの勢いを持った沙希は、健在のようだ。
 そして、要の大の蛇嫌いを作った原因の京華も、相変わらずのようだ。
 その、嫌がることをして楽しむ、屈折した愛が・・・。
 要は、沙希とは仲がいいので、ある程度のことは目をつむっているようだが、京華と蛇はどう転んでもダメなようで、それで逃げたのだろう。
 誠志に押し付けて・・・。
『誠志!!オレが戻るまでに、蛇、片づけておいてくれ!!てか、絶対に片づけとけ!!』
『それが、物を頼む態度か?』
『神様!仏様!誠志様!お願いです!オレの視界に、蛇をいれないでください!ということで、よろしくー』
 そんな感じで、いなくなった。
 ホワイトデーが終われば、帰ってくるのだろうが。
 でも、今日は、会えないということだ。
「そっかぁ。要さん、バレンタインの時、送られてきた荷物見て、泣きそうだったもんなぁ」
 要が怯えていた珍しい光景を思い出して、しかたないかなと、結人は思うしかなかった。
 でも、メールを見て、気になったことだけ、誠志に聞いてみた。
「あの、要さんは・・・その」
「なんだ?」
「沙希ちゃんたちから、バ・・・バレンタインのチョコを、その・・・もらったんですか?」
「沙希は用意していたが、要は受けとらなかったみたいだな。だから、ホワイトデーにこんな戦いをしているんだろう」
「そ、そっか・・・」
 バレンタインの時、結人は要に、手作りチョコをもらった。
 バレンタインは、好きな人にチョコをあげる日だと、そう言われて。
 なんだか、空気が甘くて、優しくされて、そのまま、なんか、チョコプレイという、エッチなことをしてしまったけど。
(あのとき、お、おれ、どうかしてた・・・。おれ・・・すごい、えっちだった)
 思い出すと、すごく恥ずかしくて、それを隠せる器用さもなくて、結人は顔を真っ赤にした。
「じゃ、じゃあ・・・、ホワイトデーは、要さん、あげたりするのかな・・・?沙希ちゃんたちに・・・」
「やる気なら、逃げてないだろう」
「そ、そっか・・・。えへへ・・・なんか、うれしい・・・かも」
 結人だけにチョコをくれて、他の人から受け取ったりもしてなくて、なんだか、安心してしまった。
 なんの安心なのか、結人にもよくはわからなかった。
 でも、なんだかうれしさで、顔がにやけてしまう。
(おれだけなんだ・・・えへへ)


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください