2015年12月30日

去年の学園祭は秘密だらけ 1

読者様に、明徳学園の学園祭を見たいとのリクエストを
頂いたので、書いた小説です\(⌒▽⌒)/



去年の学園祭は秘密だらけ


『去年の学園祭 王様のマル秘ネタ編』


 第1生徒会室は、本日、大掃除日。
「んー!んくぅー!」
 結人が、椅子に乗って、大きな箱を、上の棚にいれようとしていた。
 でも、棚が高すぎる。
 箱の中の荷物が多すぎる。
 背伸びをして、両手をいっぱいに伸ばして、がんばっているのに、よろよろするばかりで、入らない。
「んー!んんん!」
「どうして、結人は喘いでるんだ?」
「ば、ばかぁ!あえいでないよ!密!」
 棚との戦いでがんばっていた結人から、たしかに、変な声が出てた。
 でも、そういう意味の声じゃないのに、密には喘いでいるように聞こえたみたいだ。
「がんばってるんだよ!」
「結人ががんばって、喘いでいる?」
「ちがーう!」
 結人が、顔を真っ赤にして、怒っていたら、急に、箱を持つ手が、軽くなった。
 見上げてみれば、要が結人の背後から荷物を貰い受けて、棚に入れてくれていた。
「ゆーいと。結人はムリして、重い物持たなくていいよ。力自慢がそろってるんだからさ」
 結人の頭をなでなでした後、「にしても・・・」と、要は後ろを振り返った。
「片付かねぇな。なんでだよ」
 生徒会室の床にも机にも、物がごちゃごちゃと、あふれていた。
 かなりの物を捨てたはずなのだが、一度押し込んでいた棚から出したら、片付いていた物が入らない掃除の不思議現象に陥っていた。
「会長はん、もう、休憩にしようや。オレ、疲れたでー」
 泉介がねをあげたが、さすがに座る場所もない状態では、休むにも休めない。
 コーヒーメーカーも、どこかへ迷子になっていた。
 冷蔵庫の扉も、色々な物で、ふさがれていた。
「んー。まいったな。・・・って、誠志、お前も手伝えよ。何見てんだよ?」
 きっちりした性格の誠志は、掃除嫌い&苦手&めんどくさがりがいる生徒会では、貴重な掃除要員だったが、何やらさぼって、何かを見ていた。
「去年の学園祭の写真が出てきたからな。要の」
 誠志が言い終わる前に、要が誠志の手から、写真を奪い取った。
 光の速さだった。
 要はついに、光速を超えたようだ。
「よ、よけーなもん見てねぇで、さっさと働け!」
「学園・・・祭?があったんですか?」
 何やら動揺している要を、不思議そうに、首を傾けてみていた結人が、ふと気になって、誠志に聞いてみた。
 この学校に、学園祭があったのは、初耳だった。
 ここは、澱みに対抗する人間を育てる学校だ。
 学生たちは、澱みに対する仕事もこなしていて、忙しいから、普通の学校のような行事がない。
 それに、秘密ごとも多いから、外部の人間も、あんまり入れない。
 でも、去年が学園祭をしたらしい。
「ああ、去年は、希望者が多かったからな。今年は今のところ予定はないが、去年は要が」
「誠志君、黙ろうか?」
 要が威圧するように、拳を握っていたが、誠志はかまうことなく、要の秘密を暴露した。
 要の最愛の人・・・結人に。
 好きな人にかっこつけたい男の子の気持ちを、グリグリと踏みつぶすかのように。
「要が女装した」
「したくてしたんじゃねぇ!させられたんだ!オレは、立場を守ったんだよ!ケンカを買ったんだよ!」


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください