2015年12月30日

4月5日要お誕生日小説 1

4月5日は、九条要君のお誕生日です♪
なので、そのお祝い小説です\(⌒▽⌒)/

要が18歳になった時という、未来設定なので、
要が前髪を切っていたり、
結人と何か約束をしていたり、
要が結人に、甘えた感じがありますが、
気にせず楽しんでもらえたらうれしいです☆


『4月5日要お誕生日小説』


 4月5日、九条要の誕生日。
 それは、多くの人間にとって、意味のある日になる。
 良くも悪くも・・・。


 要は、九条家に戻ってきていた。
 本当は、誕生日くらい、結人と二人っきりで、ゆっくりと過ごしたいと思う。
 ラブラブしたい。
 いちゃいちゃしたい。
 結人を甘やかして、かわいがり尽くしたい。
 なでて、愛でて、抱きしめて、ちょっとくすぐって、かわいい笑顔を見たい。
 でも、そうもいかないのだ。
 要の誕生日は、顔見せの日なのだ。
 九条家の後継者として、つながりを持った人間たちに、要の存在を、要の能力を、要が生存していることを示す日なのだ。
 力を持たない総代の元に、力を持った子供として生まれた日は、特別な意味を持っているのだ。
 九条家の世継ぎが、生まれた。
 正妻の子が、権力を失った。
 権力者たちが、要につくのがいいか、敵対するのがいいか決めた。
 そして、多くの敵が生まれた。
 そんな日。
 そして今年は、特に意味がある。
 要が、18歳の誕生日を迎えたから。
 正式に、結婚できる歳になったから。
 要の自由は、結婚するまでと、総代と約束している。
 故に、九条家に帰ってきた途端、九条家後継者の要との婚姻を望む各家の女性たちが、ずっと、どこに行くにも要に引っ付いて回っていた。
「・・・めんどくさ・・・」
 要は一人、そう呟いた。
 一通りの顔見せは済ませたし、億劫だし、憂鬱になるし、面倒くさかったので、要は九条本邸から抜け出し、九条家がある山の中で、一人寝転び、空を見上げていた。
 夜になったら、また、会食やらなにやらあるため、それまでに戻らないといけないが、つかの間の休息に、ぼんやりしていた。
(結人は今頃、何してるかなぁ。ちゃんと、メシ食ったかな。帰ったら、ケーキ作って、一緒に食べようかな。結人の好きなイチゴののったヤツ。結人にオレを祝ってほしいな。・・・オレが生まれたことを)
 かわいい結人が、イチゴのケーキをうれしそうに食べてくれて、さらにかわいくなる姿を想像しながら、そんなことを考えていたが、ふいに、要は視線を空から動かさないまま、背後に声をかけた。
「沙希、なにしてんだよ?」
「あら?要様、気付いてましたの?さすがですわ」
 木の陰から、香守家の長女であり、誠志の妹である沙希が、ひょこっと現れた。
 しかも、なぜか、ビデオカメラをまわしながらだ。
「いや、だから、なにしてんだよ?」
「18歳となられ、少年から青年へと、さらにおいしく実った要様のお体を、撮ってましたの。主に、鎖骨から胸元にかけてのチラリズムを。この辺に、大人の男と少年の体の違いが出てまいりますもの。マニアには、よだれものですわ。首すじフェチの私も、たまりませんわ」
「お前は、相変わらずだな」
 沙希とは、誠志同様に付き合いが長いせいか、この程度の言い回し、慣れてしまって、怒る気にもならなかった。
 婚約者候補の女たちはうっとうしいが、その一人である沙希とだけは、仲が良かった。
 女として見たことはないが。
 親友の妹は、妹なのだ。
「お褒めいただき、光栄ですわ」


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください