2016年01月05日

五十嵐大 リターンズ 1

読者様から、五十嵐大の小説が読みたいとのリクエストを
頂いたので、書かせていただきました♪

五十嵐大こと、大ちゃんは、
本編第7話に出てきた、おもしろくも、ちょっと残念なキャラですねww
その残念さが、意外に根強い人気をもっていて、
私も気に入っていますo(⌒0⌒)o

が、本編がシリアスになるほど、出てくる隙間がなくなっていくので、
大ちゃん、番外編での復活ですwww

ちなみに、大×結人ですが、
読者様たちから、大ちゃん好きだけど、結人とエッチ成功できない感じがいいww
それこそ、残念王:大ちゃんだ!とのお声を頂いてますので、
最初に書きますが、大ちゃん、やっぱり結人と、エッチできませんwww
安心してください←wwwできませんwww

ということで、五十嵐大復活小説です☆

ちなみに、五十嵐大を忘れた方は、本編第7話を読み返して頂くか、
基本情報として、結人が昔いた学校で、結人に一目ぼれしたけど、
結人にあっさり忘れられた、可哀想だけど笑えるキャラと、
覚えててくれたら、この小説も理解できると思いますww

※ちなみに、大ちゃんの小説だけ、
 私のいつもの小説の書き方と、少し違っていますが、
 それは、大ちゃん仕様wなので、それもまた、
 楽しんでもらえると、うれしいです(^▽^*)♪



『五十嵐大 リターンズ』


 五十嵐大(いがらしだい)は、前回(第7話)で、明徳学園で愛しの結人と、念願の再会を果たした。
 それ以降、結人のメル友になることに、成功した。
 結人のメルアドを土下座して聞きだし、自分のメルアドを勝手に結人の携帯電話に登録して。
 ・・・つまり、無理やりに・・・。



 大は、今日も結人のメールに、激しく萌えていた。
 結人は、いつも、間違いだらけのメールを送ってくれる。
 それが、それが、それが、
「かわいい!かわいい!くぁわいーい!!」
 苦手な携帯を、一生懸命操作して、大好きな俺に、メールくれてるんだな!
「結人ー!愛してるぜー!」
 大がメールした時にしか、結人はメールをくれない。
 結人からの発信はない。
 お返事しかくれない。
 でも、そんなこと、1ミリも思い出さない、お花の咲いた脳みそを持つ大は、ご機嫌だ。
 高まったテンションのまま、自室の床をごろごろと回転しながら、隅にいる子猫のところまでいった。
 子猫は、おびえきって、全身の毛を逆立てて、大を威嚇していた。
 捨てられていたので、拾ってきて、大が飼っている、アメリカンショートヘアの子猫。
 くりくりとしたつぶらな瞳と、よちよちてちてちと歩く姿が、愛する結人にそっくりで、『結人』と名付けたその子猫に、大はぶちゅぶちゅっと、キスの嵐をくりだした。
「にゃー!!」
 子猫の結人が、本気で嫌がって、大の顔を爪でひっかくが、大の盲目の瞳と脳みそには、それは、猫結人のかわいい照れ隠しにしか、映っていない。
 本物の結人を思って、過剰なスキンシップをとり続けたせいで、盛大に嫌われているのだが、そんなことかけらも思わない大は、結人に結人を見せてやろうと、暴れてひっかきまくる子猫ごと、携帯で自撮りした。
 そしてそれを、熱ーい思いのこもった言葉と一緒に、結人へ送信した。
「届け、俺の熱い灼熱ハート!」
 空中に高々と掲げた携帯は、3時間後に、結人からの返信を告げた。
『ねこさん、かいいね=^_^=』
 たった、それだけ・・・。
 結人の興味は、子猫にしかない文章。
 でも、今日もかわいい打ち間違いをしてくれた結人に、大はときめいた。
 顔文字なんて、結人にとって高度なテクニックを使ってくれたことに、大のハートは激しく揺さぶられた。
 こんなこと、初めてだった。
 俺のテンション、ハイパーマックスだよ、結人!!
 俺の心を、こんなに喜ばせるなんて、なーんて罪なかわいい愛しの子だ!!
 現代っ子な大は、浮かれ気分のまま、速攻で結人にメールを返した。
『結人、かわいい!結人、大好きだ!結人、最高だよ!結人は俺の天使だ!俺の心のオアシスだ!』
 ほとんど、ストーカーメールである。
 でも、結人は気にしない・・・というか、気付いていないので、いつもだったら、時間がかかっても返事をくれる。


 だがこの日、いくら、待てども待てども、結人からの返事はなかった。


 そして、この日を境に、結人にメールが届かなくなった。
 電話をかけてみても、『現在使われておりません』と、機械的なアナウンスが流れた。


 大の脳内の結人が、ばいばーいと、かわいらしく手を振っている・・・。
「うぉぉぉぉぉ!!俺の結人がぁぁぁぁぁ!!」
 結人に何があった?!
 結人に何があった?!
 結人に何があったぁぁぁぁぁぁぁ!!!
 大は頭を抱えて、絶叫した。
 嫌なことばかりが、頭をよぎる。
「あのエロの巣窟で、結人に何かあったのか?!ぬおぉぉぉぉぉ!!結人の貞操(もう奪われてたけど)の危機じゃああああああああ!!!」

 大は、とるものもとりあえず、愛する結人がいる学校へと、走り出した。



 これは、結人への熱き思いを持った男・・・五十嵐大の物語である・・・。

 五十嵐大・・・リターンズ。

posted by ちぃ at 01:13| Comment(0) | 【小説】五十嵐大 リターンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください