2016年01月07日

要がお酒を飲むとどうなる? 1

読者様から、要がお酒を飲むとどうなるか見たいとの
リクエストがあったので、書かせていただきました(^▽^*)♪

※未成年者は、飲んではいけません。
 この小説は、あくまで、フィクションであり、
 未成年者の飲酒を推奨するものではありません。

さてさて、九条要君は、お酒を飲むとどうなるのか、
お楽しみくださいませ♪( ̄▽ ̄)ノ"


『九条要がお酒を飲むとどうなる?』

 第一生徒会室は、今日は、

 酒・盛・り・日☆。

 といっても、飲んでるのは、要と、「一人で飲むの寂しい」と要に言われ、仕方なく付き合わされている誠志だけ。
 他のメンバーは、おつまみ代わりのおかしを、もぐもぐしていた。
 結人が、もぐもぐ。
 密も、もぐもぐ。
 泉介も、結人のお菓子をとったりしながら、もぐもぐ。
 要と誠志は、グビグビ。


 なんで、こんなことになったかというと、最近、休む暇なく仕事をしていた要が、
「息抜きしたい!!疲れた!!呑ませろ!!ストレス解消だ!!」
 と、突然叫んでキレたのが、始まりだ。
 ・・・いや、学校で、お酒を飲んでは、いけません。
 ・・・というか、学生が飲んだら、いけません。
 先生に見つかったら、当然、怒られる行為です。
 でも、学園の王様であり、学園の最高権力者の九条要がいれば、なんだって、許される。
 要が、校則だ。
 要が、法律だ。
 そんなわけで、要は、堂々と、生徒会室で飲んでいた。
「要さんって、お酒すきなんですか?」
 与えられたらなんでも食べる結人が、いか焼きをもぐもぐしながら、ポテトチップ片手に、きょとんとして、聞いてきた。
 おつまみは、要特製のものが、大量に置かれていた。
 料理も、要の貴重な息抜き。
 ストレスが、きっと、怨念のようにこもっているけれど、天才肌の要が作ったものは、どれも美味だった。
 そんな要は、料理作りまくって、お酒飲みながら、かわいいもぐもぐ結人が見れて、ご機嫌だった。
 キレモードは、終了したようだ。
「オレ、酒好きなんだよな。甘いのも辛いのも、好き」
 要はけっこう強いので、昔(え?秘密だぜ☆)から、よく飲んでいた。
 梅酒・日本酒・焼酎・ビール・ワイン・カクテル・洋酒などなど、なんでも飲む。
 薄めたりせず、ロックでグイッと飲む男前さを、いつも発揮する。
 かっこつけているわけじゃなく、薄めてない本来の味が、好きだった。
 ただ、それに付き合わされてきた数々の経験で、誠志は知っている。
 要が酒を飲むと、どれだけ、やっかいか。
 なので、要に、ロック10杯飲んだら終わりの、命令を出した。
 その量なら、要は酔わない。
「ちぇ・・・。つまんねぇな。誠志のオカン気質!口うるさい!テメェは、オレにいっつも、ああしろこうしろって、お前はオレの、ママンか?教育ママか?なら、女装するか?そのごっつい体で、フリフリ新妻エプロン着てみせろよ」
 そんなことを言うから、誠志にギロッとにらまれたが、要は気にしない。
 しれっとしながら、次に何を飲もうかな~と選び出したが、誠志に警告を出された。
「次で、最後だからな」
「えー」
「甘えた声を出しても、それ以上は、許さないからな」
「ムカ。自分は、飲んでるくせに」
 舌うちしながらも、しぶしぶと、最後の1杯を何にするか考えていたが、
(飲み足りないなぁ。んーと)
 要はふと、あることを思いついて、にやっと、いたずら直前の顔をした。
 この顔をした時の要は、要注意だ。
 必ず、何かやらかす。
 天性の頭のよさを、悪い方に使いだす。
 今回も、当然、やらかした。
 要は、目の前にあった一升瓶を、ガシッとつかむと、そのまま口をつけて、一気飲みした。
 それはもう、男らしく。
 持ち前の男前さを、全開にして。
「おい、要・・・」
「約束通りの、10杯目だぜ☆」
 コップ一杯とは、言われてない。
 誠志が、頭を抱えて、ハァとため息をついた。
「要・・・。どうなっても、知らないからな」
「んー?」
「お前が日向に嫌われても、自分の責任だからな」
「んー?」
「酔ったな・・・」
「んー?」
 要が、変な受け答えを、始めた。
 そして、要の酔っ払いタイムが、始まった。
 第一生徒会メンバー全員が、二度と要に飲ませたくないと思う時間が・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください