2016年01月07日

要がお酒を飲むとどうなる? 2

「会長はんって、酒に弱いんか?」
 泉介が、結人にポッキーを食べさせてあげながら、誠志に聞いてみた。
 誠志は何か、警戒をしているようだった。
 泉介が手に持つポッキーを、小動物がエサをもらうように、ぽりぽりぽりと食べている結人も、不思議そうに誠志を見た。
 要は、いつも通り、机に座っている。
 いつも通り、楽しそうに、ニコニコしながら、みんなを見ている。
 にこにこにこにこ・・・。
 誠志は、そんなニコニコ要を見てから、メガネの中心を長い指で押さえて、重く深いため息をついた。
「・・・今回は、そっちからか・・・」
「そっち?」
 結人が、なんのことだろうと思って聞いたけど、誠志は答えてくれなかった。
 代わりに、最初に泉介が聞いた疑問の答えを、誠志は口にした。
「要は、弱くはないな。むしろ、酒に強い。ただ、ある一定量を飲むと、急に酔う。そして」
「ゆーいとぉ!」
「わっ!」
 誠志の言葉をさえぎって、いつの間にか結人の背後にまわっていた要が、結人をぎゅうっと、抱きしめてきた。
 そして、結人のほおや頭に、チュッチュッチュと、何度も何度も、キスをしだした。
「ゆいーと。ゆーいと。ゆいと、ゆいと」
「は、はい、かなめさん?」
「ゆーいと。ゆーいと。オレのかわいいゆいゆい、オレのお話きーいて」
「えっと、は、はい」
「結人、オレね、結人に、言いたいことがあるんだ」
「あ、はい、えっと」
 グイグイ迫ってくる要の勢いに押されて、結人は、「はい」しか言えない。
 でも、結人がお返事してくれた。
 だから、要は、さらににこにこ、上機嫌になった。
 だから、さらにもっともーっと、甘ーい声を出してきた。
「オレね、結人が、ものすごーく、好きなんだ。大好き。超すき。世界一すき。かわいい、かわいい。結人がかわいい」
 なんか、いきなり、要が、デレていた。
 デレデレしていた。
 デレ全開の要だった。
 要のデレは、いつものことだけど、なんか、いつもと違うような。
 いつも以上に、デレているような。
「かなめさん?」
「だからね・・・」
「はい」
「オレと、いいことしようぜ」
 結人はいつの間にか、机に押し倒されていた。
「え?え?え?」
 結人を押し倒した張本人の要は、雰囲気が、ガラリと一変していた。
 長めに伸ばした前髪の隙間から見えるきれいな瞳は、いつもの優しい色ではなく、どこか怪しく光っていた。
 ぺろっと、自分自身の唇を舌で舐める要は、どこか、肉食獣を思わせた。
 さっきまで、デレデレモードだったはずの要に、攻めスイッチが、過剰に入っていた。
 結人に見せない、裏の顔をして、ニヤァと笑って、結人を見下ろしていた。
「え?ええ?要さん、どうしたんですか?」
「オレは、どうもしないぜ。どうしちゃたのかな、結人?怯えてる?びっくりしてるのかな?ふーん、それも、かわいいな」
 要が、指先で遊ぶように、結人の顔をなぞった。
 そして、その指で、クイッと、結人の顎をあげた。
 そうして、無防備になった結人の細い首筋に、指をはわせ始めた。
 なんか、要が変だった。
 なんか、攻めな感じで、色気を出している。
 しかも、要が人前で、結人に手を出すなんて、ないことだったのに。
「か、香守先輩!要さん、ど、どうしたんですか?」
「だから、要は、酔っているんだ」
 誠志がまた、重いため息をついた。
「要は、酔うと、無性にヤりたくなる」
「ええ?!」
「しかも、普段、優しい自分でいようとして、抑え込んでいるものが多すぎるからな。酒に酔うと、リミッターが外れて、感情が爆発する。しかも、いきなりデレたり、攻めになったり、属性がコロコロと変わる。その切り替えのタイミングは、オレにも分からない」
「ええ?!」
 驚いていたら、結人は要に、ぎゅうっと抱き寄せられた。
「結人。誠志と話さないで、オレと話そう?オレ、結人にほっておかれたら、さみしいよ。オレ、さみしいのヤダ。さみしいとウサギは、死ぬんだぜ・・・」
 要が攻めモードなのかと、結人がかまえたら、瞳をうるうるさせた、デレだった。
 しかも、
「要さん、うさぎさんなんですか?って、あれ・・・?ええ?!お、おれ、いつの間にか、ぬ、ぬがされてる!」
 テクニシャン要も、解放されていた。
 要は、自然な動きで、なのに一瞬で、結人の服を乱していた。
 そして、やさしく、にこっと笑った。
 かと思ったら、また、表情が変わった。
「まっ、うさぎは、寂しくたって、本当は死なないけどな。寂しいって言えば、結人がかまってくれそうだからさ、言ってみた」
 策略家要の時の顔をしていた。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください