2016年01月08日

結人君いろいろまちがってます(携帯編) 4

「おれって・・・いったい・・・」
 ばかすぎると、落ち込んでいた結人だが、さっき理事長に言われた言葉が、気になってしまった。
「理事長・・・また、要さんに、ひどいことするのかな・・・」
 要が泣くからそうしろと、言われた。
 自分の失敗のせいで、また、あの優しい人が傷ついたら嫌だと思い、結人は怖い気持ちをむりやり抑えて、理事長へと、もう一度、電話をかけた。
「あ・・・あの、理事長。要さんに、もう、ひどいことしないでください・・・。お願いします」
 電話口から、フフと笑う声が、聞こえた。
 でも、理事長とはどこか違う、低音の怪しさを含んだ笑い声。
「理事長?」
「僕も九条君は嫌いですから、たっぷりと酷いことして頂いて、泣かせてもらえると、嬉しいですね。日向君は、僕の為に、啼いてくださいね。よがってくれてもいいですよ」
「・・・えっと」
「僕は『黒崎』ですよ。カ行仲間ですね。まぁ、さすがに、あの意味不明な方と間違われるのは、楽しくないですが」
 結人の血が、また引いた。
 黒崎。
 くから始まる名前の人。
 結人のアドレス帳には、『香守先輩』『要さん』『神無理事長』の後に、『黒崎せんせ』と続いて入っている。
 黒崎だけ、中途半端な入力なのは、登録している途中で怖くなって、操作法がよくわからなくなって、そのままになっているためだ。
 結人が、固まった。
 目が、点になった。
 かぱぁっと開いた口が、閉じれなくなった。
「どうしました?日向君。君の声を録音して、夜のお伴にしたいので、いい声を出して頂けると嬉しいですね」
「・・・・・・け」
「け?」
「携帯なんか、きらいだー!」
 結人の困った声が、男子寮に響いた。


 そんな感じで、毎日、最低4回以上繰り返される結人の間違い電話は、けっこう、みんなに波紋を呼んでいる。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください