2016年01月14日

警察から恋人に50の質問 1

読者様から、警察から恋人に50の質問という
お題を頂きましたので、答えてみました♪( ̄▽ ̄)ノ"

誰と誰のカップリングでとの希望がなかったので、
学生たち4人(結人、要、密、誠志)で、
音声のみトークという形で、答えてます☆

それでは、いってみましょう!!


『警察から恋人に50の質問』

1 あーちょっとちょっと、そこのカップルっぽいあなた達止まりなさい
 結人「え?」
 密 「結人をナンパする気か?」
 要 「密、いきなり、誰でも敵視すんなって」
 誠志「4人の男がいて、カップル判断するとはな」

2 私はこーゆう者です(警察手帳を出す)
 結人「ええええ!お、おれ、わるいことしてないです」
 密 「要、これ、偽物か?手帳・・・」
 誠志「お前はなんでも、要に聞くな」
 要 「オレも、悪いことはバレてないぜ?」

3 あなた達を、ウザカップル罪という罪で、逮捕します
 誠志「当たり屋か。行くぞ」
 結人「だめです、香守先輩。警察のおまわりさんむししたら、つかまります、きっと!」
 密 「結人、警察とおまわりさんは、別なのか?」
 要 「誰もウザカップル罪に突っ込まないマイペースさが、オレたちらしいよな」

4 嫌ですか?では、ちょっと、事情聴取をしますので、ご協力を
 結人「えっと、じょうじ・・・ちょう・・・ちょ・・・?」
 誠志「お前の、セックス事情を話せと言われてるんだ。
    どうする?日向。事細かく細部まで、何されてるか話すか?」
 要 「くぉら、誠志。結人をいっつもいっつも、騙して遊ぶんじゃねぇよ」
 密 「警察は、おまわりさん?おまわりさんは、犬だ。こいつは、犬なのか?」
 要 「密―、もう、次の質問に移ってるぞー。ついてこーい」

5 まず、二人の年齢は
 結人「15才です。あ、でも、誕生日11月だから、16にな・・・・った?
    あれ?本編だと、まだ、なつ????
    おれ、秋うまれです。でも、今は、なつ????
    おれ・・・何才・・・・?
    要さん、どうしよう!
    おれ、質問されてるのに、答えられないです・・・」
 要 「ゆーいと。気にしなくていいんだよ。
    大人の事情ってか、作者が遅筆なだけなんだからさ。
    オレも番外編で18になってたけど、春生まれのオレは、今は17みたいだぜ」
 密 「俺も春だ。15。俺は結人の年下になったのか?
    どうして、春より秋のほうが年上なんだ?」
 誠志「リアルと二次元が混在しているな。
    なら、俺は本編なら18だが、リアルでは19だな」
 結人「え?えっと・・・すごいです!香守先輩、おとなだ」
 要 「やーい、やーい。誠志って、おっさん。年齢詐称して高校の制服きてんなよー」
 誠志「読者から、老けていると言われているお前には、言われたくないな」

6 …っち。じゃあ、二人の性別は?
 結人「がん!!警察の人に、舌うちされました・・・。
    どうしよう・・・。おれ、つかまるんだ・・・」
 要 「結人、大丈夫だぜ。
    オレがいる限り、つかまったりしないから。
    結人が何をしても、ぜーんぶ、握りつぶしてあげるね。
    あ、ちなみに、オレたち、全員男だぜ」
 誠志「女に間違われるチビと、母親そっくりの顔した男がいるがな」
 密 「結人は、男じゃない」
 結人「がん!!な、なんだよ、密!おれだって、男だよ。・・・つ、ついてる!!」
 密 「知ってる。結人についてる。触ったことある。白いのが出てきた」
 結人「ばかー!人前でいったらだめだよ。は、はずかしいだろー」
 密 「結人の性別は、結人だ。だから、俺は結人が好きだ」

7 まぁ、どーでもいいんだけどね
 要 「へぇ・・・。結人に対して、どーでもいいって、何だよ、ソレ?
    結人をオレの前で軽んじるとか、いい度胸だな。
    オレの愛刀のサビにしてやろうか?」
 密 「要がキレた。デレキレ要だ」
 誠志「警察の目の前で、堂々と銃刀法違反か?」
 要 「大丈夫☆警察とか怖くねぇし、
    結人は、飛んできたチョウチョを見て、あっち向いてるし、
    オールオッケー!問題なし!」
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック