2016年01月16日

今日は楽しいエイプリルフール 1

エイプリルフールは、ウソをついていい日♪
なので、うちの子たち(キャラたち)を、だましてみました♪( ̄▽ ̄)ノ"

作者のドS心に火をつけてみましたwww


『今日は楽しいエイプリルフール』

 今日は、楽しいエイプリルフール☆
 なので、まずは、ここにしかけよう。


「要さん、ひどい!おれ、要さんがそんな人だなんて、思わなかったです!」
「ゆ、結人?どうしたの?」
 結人が、バンとドアを開け放って、生徒会室に入ってきたかと思うと、顔を真っ赤にして、ぷるぷる震えながら、怒りだした。
 要にとって、結人が怒っても怖くはないし、小刻みに震えて怒る結人も、それはそれでかわいいだったが、さすがに結人に嫌われるのは、胸が痛い。
 要はとりあえずの事情を、結人に聞いてみた。
 すると、
「作者(おかあさん)に聞いたんです!おれの・・・」
「おれの?」
「おれの身長がちぢんでるのは、要さんのせいだって!」
「・・・・・えっと・・・結人?どういうことかな?オレ、何もしてないよ?」
「おれの最初の設定だと、もっと身長が高かったのに、こんなにちぢんだのは、ちぢんだのは!」
 結人が小さな両手のこぶしを、ぷるぷる震わせながら、要に詰め寄った。
「要さんがいっぱい、おれの頭をなでたからだって!」
「・・・・・えっと、結人、あのね」
「おれ、おっきくなりたいのに、小さいのいやなのに。要さんや密より、大きくなりたいのに、おれ、どんどんちぢんでます!要さん、ひどい!」
「結人、落ち着いてね」
 要は結人の細い両肩に、優しく手を置いた。
 結人は、ふしゅーっと、かわいく威嚇する子猫みたいになっていた。
 大きな瞳を涙目にさせて、感情をあらわに、必死にうったえている。
 だから、要は、結人に届くように、ゆっくりゆっくり、話し出した。
「結人、今日が何の日か、知ってるかな?」
「春休みです!何もない日です!」
「うん、そうなんだけど。えっとね、今日は、4月1日だから、エイプリルフールって言って、ウソついてもいい日、なんだよ」
「・・・・・え・・・・?」
「結人、だまされたんだよ、作者に。頭なでても、人間は縮まないから」
「・・・・・・・・・・・え?」
「理事長並みに、ダメな大人だよな。あとで、オレがちゃんとしばいとくから、ごめんね」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」
 結人の頭上に、???が、たくさん浮かんだ。
 そして、おバカだと思っている自分の頭が、やっとどういうことなのか理解しだしたら、結人の顔は、急激に赤くなった。
「お・・・おれ・・・・だまされて・・・」
「うん。ちゃんと、結人のこと、見ててあげれなくて、ごめんね」
 ぼふっと、結人の顔が炎上した。
 勝手にだまされて、信用していた要に一人で怒って、それなのに、優しく謝られている恥ずかしさに。
「か、かなめさん、おれ・・・」
「結人、大丈夫だからね。あ、一緒にケーキでも食べる?差し入れがあるよ♪」
「お、お、お、おれ・・・・・・・ごめんなさいーーーーーー!!」
「結人?!」
 結人は、脱兎のごとく、逃げ出した。
「結人!怒ってないから、待って!走ったら危ないよ!」
 要も、結人を追いかけて、廊下を走り出した。
 そして、とりあえず、捕獲した。
 細い腰を抱きかかえられた結人は、両足を振って、ばたばたしていた。

今日は楽しいエイプリルフール 2

 今日は楽しいエイプリルフール☆
 こっちも、だましてみた。


「密、ここにおったんか!たいへんやで!ビッグニュースや!」
「泉介。なんだ?」
 密の姿を見つけると、泉介は教室の扉を、両手で勢いよく開けた。
 そして、慌てて走ってきたためきれている息を整える暇も惜しくて、一気にしゃべりだした。
「作者に聞いたんや!お、驚くで!」
「だから、なんだ?」
「なんとや!4月53日に、日向結人総受けのゲームが、PSK(プレイしてみたい気がする)ソフトとしてでるんや!」
「?!」
「しかも、画期的なことに、このゲーム、通常のBLゲームと違って、攻略相手は結人しかおらへんのやけど、最初に選択できるキャラが、攻めキャラ総出演らしいで!」
「どういうことだ?」
「結人の相手を、最初に選択できるってことや!つまりや、会長はんなら甘いこと言って、副会長はんなら鬼畜なこと言って、結人を落としていくゲームなんや!」
「俺も選択できるのか?」
「そうや!」
「いくらだ?」
「通常版は、4980円!初回限定予約特典版は、7980円や!」
「高い・・・。特典は何がついているんだ?」
「それがすごいのや。聞いて驚けや!
 『結人が歌うOP曲ー空の下にいるよー
    ~明徳学園生徒会執行部 学園祭出し物バンドヴァージョン』
 『結人が考えた人物相関図』
 『結人の添い寝抱き枕~裏はエロエロ仕様~』
 『結人の衣装が変わる、ちょっとエッチなプロダクトコード』
 『結人に挿入できる?!フィギア 結人+ランダム封入攻めキャラ1体』
 『会長と副会長が本気ではもったED曲~散花ーさんかー
    ~in明徳学園 音楽室バトル編』
 『誠志の謎がついに分かる?!誠志が描いたメ○○○なイラスト入りポストカード』
の豪華7特典や!」
「誠志のはいらない。でも、他のはほしい」
「せやろ?『結人が考えた人物相関図』なんて、結人がオレらをどう思ってるかが、分かるんやで!」
「泉介。ゲーム代、半分ずつ出さないか?」
「よっしゃ!密なら、そういってくれると信じてたで!予約行くでー!」
「ああ」

今日は楽しいエイプリルフール 3

 今日は楽しいエイプリルフール☆
 だませないと思うけど、試してみた

 作者が、にこにこと、人の悪そうな笑顔で、寮の要の部屋を訪れた。
「要ー、結人にね、ネコ耳つけてみたよ。見たくない?」
「結人がネコ耳とか、絶対、かわいい!萌え死ねる!」
「でしょー?」
「ああ。そんなウソなら、付き合ってもいいぜ」
 やっぱり、要は、だまされないみたいだ。
 でも、ウソと分かってて、悪ノリしてくれたので、答えを教えてあげた。
「あ、結人の頭に、本当に接着剤でネコ耳つけたから、今頃、泣いてると思うよ」
「何やってんだ、テメェは!結人、待ってて!」
 要は、猛ダッシュで、行ってしまった。